画像の配置指定でずれる場合

画像の配置方法を指定していない状態です。 画像右側の空いたスペースにテキストを配置し、見栄えの良いレイアウトにしていきます。 まずは1つ目の画像を「左寄せ」に設定します。 画像1の後のテキストは右側に回りこみましたが、画像2が意図しない位置に表示されてしまっています。これは画像1の左寄せの設定が画像2にも影響を与えているためです。画像1の左寄せ指定による回り込み効果を解除したい位置(※1)にカーソルを合わせ ※2 のアイコン「Clear float」をクリックします。 ※3 のように「Clear」と表示され、画像1の効果はそこでクリアされます。 (Clear の文字は実際には表示されません。) Clear float ボタンは「回り込み設定の解除」を行うボタンです。最後に画像2にも左寄せの指定を行うと、このようなレイアウトが完成します。

投稿に画像を掲載する

画像を挿入したい場所にカーソルを合わせます。 “メディアを追加” を選択します。 “ファイルをアップロード” のタブから “ファイルを選択” を選択します。画面の指示に従って目的の画像をアップロードします。スマホやタブレットの場合は普段使っているギャラリーアプリ等から選ぶことになります。 既にアップロード済みの画像を使用したい場合は “メディアライブラリ” のタブから選ぶことができます。 画像の配置の設定を行います。 【左寄せ】画像が左に寄り、後に続くテキストが画像の右側に回りこみます。 【右寄せ】画像が右に寄り、後に続くテキストが画像の左側に回りこみます。 【中央】画像は中央に配置されます。テキストは回りこみません。 【配置なし】位置は指定されません。画像の下端と前後テキストの下端で揃います。 表示される画像のサイズを選びます。編集画面でのサイズとは異なる場合があります。 リンク先を選びます。 【メディアファイル】アップロード時の元ファイルにリンクします。拡大表示させたいときはこれを選択してください。 【カスタムURL】リンク先を手動で入力します。

スマホ対応・レスポンシブデザイン

PCやスマートフォン、タブレット等のそれぞれ異なったディスプレイサイズを基準にし、各々に適したデザインで表示することをレスポンシブデザインと呼んでいます。文字サイズや画像の大きさ、ボタンの大きさ等を調整することで見やすさ、操作のしやすさの向上が期待できます。また、この方法でのモバイルサイトの構築をGoogleが推奨しており、SEO対策としての効果も期待されます。

記事を新規投稿する

管理画面内の左側メニューより、”投稿 > 新規追加” をクリックします。 (”投稿” 以外の項目がある場合があります。) つづいてタイトルを入力してください。 本文を入力していきます。 (他の入力項目が用意されている場合があります。) 必要に応じてカテゴリを選択します。複数選択も可能です。 内容の入力が終わったら “公開” をクリックして完了です。ステータスが “公開” に変わったのを確認してください。 日付は後からでも変更可能です。未来の日付を指定すると投稿予約となり、その日時が来ると公開されます。
ページ上部へ